[ロゴ] LOVE AMA

NEWS

【AMA Detox Tour】 〜 海士町体験!癒しと学びのツアー 〜

【AMA Detox Tour 】〜 海士町体験!癒しと学びのツアー 〜
 
昨年2度にわたり開催された伝説のツアーが帰ってきた。
ツアーを経て海士町を愛してしまい、移住した福祉関係者がなんと3名!!
いつの間にか心を掴み、日本海を渡り移住の決断をさせてしまう魅惑の島、海士町。
そんな海士町の魅力を全身で体感していただくために、3泊4日のツアーを組みました!
日頃溜まった疲れを島の雄大な自然・美味しい食事・温かい人々との交流で癒しに行きませんか?
都会で味わえない体験をしつつ、離島の福祉について触れる事ができるツアーとなっております。
医療福祉系職員or医療福祉系学生のための贅沢離島ツアーです◎
 
=開催概要=
 
◼︎ツアー開催日:
2017年12月7日(木)〜12月10日(日)
※出発:12月07日 09:25 羽田空港出発便(予定)
※到着:12月10日 18:30 羽田空港到着便(予定)
※地方からの参加も歓迎!ご応募の際ご相談ください!
 
◼︎応募期間:
10月26日(日)〜11月26日(日) 12:00まで
 
◼︎選考:
先着順ではなく、メッセージの熱量・海士町への関心度で選考させていただきます。ご応募の際、熱い思いを綴ってください。結果につきましては11月30日(木)までにメールを送らせていただきます。
 
◼︎参加費:
!!無料!!
※食費・最寄りの空港までの交通費は実費となります。
※直前のキャンセルの場合、キャンセル代が発生いたします。ご了承ください
 
◼︎定員数:
最大8名
 
◼︎参加条件:
医療福祉系職員 or 医療福祉系学生
「医療福祉を勉強中」「医療福祉系の仕事に興味がある」という人でも、
島の暮らしや働き方に関心があれば応募歓迎です!
※20歳以下の参加者には保護者の同意書をいただいてもらいます。
 
■持ち物:
・海士町の生活や医療福祉への興味
・「海士町で医療福祉職についてもいいかも!?」という気持ち
※上記のいずれかをお持ちください。
 
◼︎応募方法:
必要事項をご明記の上、下記までご応募ください。
 
 
■主催:海士町
■企画制作:NPO法人Ubdobe(ウブドベ)

【AMA Kitchen in 東京】海士町と胃袋で繋がる、地元食材を堪能するイベント

【AMA Kitchen in 東京】海士町と胃袋で繋がる、地元食材を堪能するイベント
昨年3度開催し、即時満席になった海士町の魅力知り尽くしイベントです!!
島根県の北、日本海に浮かぶ「海士町(あまちょう)」。 自給自足のできる半農半漁の人口約2300人の離島に、今注目が集まっています。
目におさまりきらないほどの大自然に、海の幸や大地の味 覚、そしておかしな人々!?その魅力に取り憑かれた島外から来られたIターンの人々が人口の約1割を占めています。
そんな海士町の魅力を舌で堪能していただくべく、特産品の「いわがき春香」や「白いか」などの海士町の食材をふんだんに使いコース料理をご用意しました!
隠岐牛食べて!牡蠣食べて!しっかり学べる!さらに、海 士町からお呼びしたゲストとのトーク、質問コーナー、交流タイムなどを用意してお待ちしております。
福祉系職員or福祉系学生or福祉に興味ある方限定の贅沢 コースディナー。
少子高齢化・若者の島離れになどの問題を抱えながらも挑戦し続ける島、海士町。これらの問題を解決し前に進むためにはどうしたらいいのか。
海士町の食事に舌鼓を打ちながら、一緒に考えてみませんか?
 
 
= 開催概要 =
 
◼︎開催日時:
2017年11月5日(日)19:00-22:00
 
◼︎開催場所:
東京神楽坂「離島キッチン」 
 
◼︎参加費:
2000円
 
◼︎トーク出演:
・本多美智子様(社会福祉法人だんだん さくらの家施設長)
・小野木大悟(社会福祉法人あま福祉会 特別養護老人ホーム 介護職 & NPO法人Ubdobeプロジェクトリーダー)
 
◼︎参加条件:
福祉系職員 or 福祉系学生 or 福祉に興味のある方
 
◼︎定員数:
20人
 
◼︎イベント申し込み:
googleフォームよりお申し込みください。
※ 食材のご用意がありますので、キャンセルは極力ご遠慮くださいませ。3日前より参加費と同額のキャンセル料が発生しますので、あらかじめご了承ください。
 
◼︎企画制作:
NPO法人Ubdobe(ウブドベ) http://ubdobe.jp/
 
= お問い合わせ =
NPO法人Ubdobe(ウブドベ)
・Mail: info@ubdobe.jp
・Website:http://ubdobe.jp/

【AMA Kitchen in 大阪】海士町生活大公開 移住編

【AMA Kitchen in 大阪】海士町生活大公開 移住編
海士町の食材を堪能しながら学べるイベント「AMA Kitchen」が大阪に上陸!
島根県の北、日本海に浮かぶ「海士町(あまちょう)」。自給自足のできる半農半漁の人口約2300人の離島に、今注目が集まっています。
目におさまりきらないほどの大自然に、海の幸や大地の味覚、そしておかしな人々!?その魅力に取り憑かれた島外から来られたIターンの人々が人口の約1割を占めています。
そんな海士町の魅力に取り憑かれ、移住した福祉職員の話を聞くことができるイベントです。
食事は海士町の特産品であるサザエご飯や寒シマメの肝醤油漬けパスタなどをフレンチシェフが振舞います。
「福祉留学生」を含むゲストをお招きし、海士町のリアルについてトークセッションも開催。イベントを通して島への愛が深まった海士町ファンには、豪華景品があるかも!?
少子高齢化・若者の島離れになどの問題を抱えながらも挑戦し続ける島、海士町。これらの問題を解決し前に進むためにはどうしたらいいのか。
海士町の食事に舌鼓を打ちながら、一緒に考えてみませんか?
 
 
= 開催概要 =
 
■開催日時:
2017年11月4日(金)18:00-21:00
 
■開催場所:
EARTH DIVER Cafe&Dining 
大阪府 大阪市北区 大淀中4-15-12
 
■参加費:
1000円
 
■トーク出演:
・沼田洋一様(海士町役場 健康福祉課 課長)
・小野木大悟(社会福祉法人あま福祉会 特別養護老人ホーム 諏訪園 介護職員 & NPO法人Ubdobe プロジェクトリーダー)
・有友咲貴(社会福祉法人海士町社会福祉協議会 Iターン新人職員)
 
■参加条件:
福祉系職員 or 福祉系学生 or 福祉に興味のある方
 
■定員数:
25人
 
◼︎イベント申し込み:
googleフォームよりお申し込みください。
※ 食材のご用意がありますので、キャンセルは極力ご遠慮くださいませ。3日前より参加費と同額のキャンセル料が発生しますので、あらかじめご了承ください。
 
◼︎企画制作:
NPO法人Ubdobe(ウブドベ) http://ubdobe.jp/
 
= お問い合わせ =
NPO法人Ubdobe(ウブドベ)
・Mail: info@ubdobe.jp
・Website:http://ubdobe.jp/